config.phpの基本設定|FuelPHP学習帳

FuelPHP学習帳

2016/04/22 update
スポンサーリンク

FuelPHPのインストール後、config.phpの設定を行います。
以下のとおり、追記変更します。

■ app/config/config.php

//URLに含まれるindex.phpを削除します。
'index_file' => false,
'language'           => 'ja', //言語設定を日本語に変更。
'language_fallback'  => 'en', 
'locale'             => null, //ロケールの設定をnullに変更
//encodingをUTF-8に
'encoding' => 'UTF-8',
//タイムゾーンの設定
'default_timezone' => 'Asia/Tokyo',

以上で、基本的なconfigの設定ができました。

PHPの求人数で比較する求人サイトまとめ


スポンサーリンク

FuelPHPに関連した本
はじめてのフレームワークとしてのFuelPHP 改訂版
改訂 FuelPHP入門
fuelphp 逆引きガイド
パーフェクトPHP (PERFECT SERIES 3)
GitHub実践入門 ~Pull Requestによる開発の変革 (WEB+DB PRESS plus)
PHPエンジニア養成読本 〔現場で役立つイマドキ開発ノウハウ満載! 〕 (Software Design plus)
更新を受け取る
About

PHPフレームワーク初心者を対象に、FuelPHPの基礎、チュートリアルをお伝えするプログラミング学習サイトです。

動作環境について

運営者のブログ

更新のお知らせ

follow us in feedly

RSS購読